美しい目元を作る

日本人は一重まぶたの人が多いですが、外国人のようなぱっちりとした二重に憧れる人は少なくありません。そこで、アイテープなどを駆使して二重まぶたを作っている人も多いですが、よりしっかりと二重のラインを得るのであれば美容整形も検討されます。かつては美容整形でも二重まぶた手術というとメスで切開する方法が行なわれていました。こうした施術ではラインは作れるものの、見た目が不自然になると言う問題もありました。そして技術はさらに進化し、その後はメスを使わずにラインを作ることができる埋没法が登場しました。メスを使わないこともあり、傷もつきにくく、ラインが気に入らない場合はやり直すこともできます。施術時間も短く抑えられるメリットもあります。

埋没法は手軽に二重を作ることができる整形ですが、以前はラインが取れやすいという問題もありました。そして、美容整形もさらに研究が進み、今はよりラインが取れにくい施術も行なわれています。まぶたの脂肪が厚い人の場合はラインを作るだけでは十分な効果が得られない場合もありますが、そういった場合は脂肪を除去しての施術も行なわれます。埋没法はメスを使わないので、切開法に比べてダウンタイムは短く済みますが、それでもまったく腫れない、痛くないというものではなく、ある程度の腫れや痛みはあります。今はより痛みも少なく、腫れも少ない施術も登場し、長く休みが取れないという人にも美容整形が行ないやすくなっています。今後もさらに体への負担が少なく、自然な仕上がりになる施術が登場することが予想されます。